アルトゥールはよくやった--ミーシン

ベルンのヨーロッパ選手権で、ガチンスキーは見事に演技したと、このフィギュアスケーターのコーチは語った

1月30日、ベルン、RIA Novosti通信員

ヨーロッパ選手権で5位になったロシアのフィギュアスケーター、アルトゥール・ガチンスキーは、素晴らしい演技と、エリートたちと競えるだけの能力を示した、と、このアスリートのコーチであるアレクセイ・ミーシンは考えている。

ガチンスキーは男子シングルで、トリプルアクセルで転倒して5位となった。
ショートプログラムの後には3位だった。

「この少年はまさに見事に演技をしました。それは全く本気だと私はあなた方に言います」とミーシンはジャーナリストたちに述べた。

「4回転ジャンプをやり遂げました。
トリプルアクセルはほとんどできました--転倒はたまたまです。
そう、アルトゥールはとてもよくやりました。
これがヨーロッパ選手権デビューでなかったら、もっと高い評価を得られたでしょう」

「現在のヨーロッパにおいて、ガチンスキーは--最も興味深いフィギュアスケーターの1人だと私は確信しています」と、このコーチは付け加えた。
「最新のヨーロッパチャンピオン、フローレン・アモディオのほかには。
アルトゥールは、世界選手権における我々のチームを代表する価値があることを証明しました」

世界選手権では、男子シングルのロシアチームは、東京でただ1人のフィギュアスケーターが代表することになる。



РИА Новости
На ЧЕ в Берне Гачинский катался блестяще, считает тренер фигуриста

На ЧЕ в Берне Гачинский катался блестяще, считает тренер фигуриста

04:28
30/01/2011
"Просто блестяще катался мальчик, совершенно серьезно вам это говорю, - заявил Мишин журналистам. - Четверной прыжок сделал. Тройной аксель практически выехал - упал на нем случайно. Так что катался Артур очень хорошо. Если бы не был дебютантом чемпионата Европы, получил бы более высокие оценки". >>




そうか、ロシア1枠か。
そりゃミーシンもアピールに必死になるよね。
ただ、フリーはメンショフのほうが上だったし、ロシア国内選手権の成績もあるし、
総合的に考えたらメンショフでもいいと思いますけどね。

ところで、ユーロのSP、ガッちゃんはスピンが一つノーカンになってしまったんですね。
シットのポジションの問題で。
シーズン最初、関西の大会で織田君もやってましたが。
太ももが氷と平行でなければいけないそうですね。
でもシットの深さは評価対象ではなくなったと思ったのですが。
なんだか整合性がないような…。
それに、それってGOEのマイナスではいけないんでしょうかね?
回転数が足りてないというならともかく、ポジションの問題でまるっと一つやらなかったことにされるわけですよ。
一方でジャンプは転倒しても回転不足より高得点。
やはり何か整合性がないというか、一貫性がないというか。
ジャンプ担当、スピン担当、ステップ担当、とかでルール別々に作ってるんでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)