世界選手権の前

エフゲニー・プルシェンコ:「トゥルソワは長い間一つのシステムの中でやってきた、僕は全く違うものを持っている。僕は決して子供たちを叱ったり侮辱したりしない」

2021年3月19日

ロシアのフィギュアスケーター、アレクサンドラ・トゥルソワのコーチ、エフゲニー・プルシェンコが世界選手権での彼女の演技に期待を表明し、彼の生徒の個性について語った。

「世界選手権での我々の主な目標は整った演技をすることです。
サーシャは彼女ができることをするはずです。
彼女にはシニアで初の世界選手権ですが、我々は日本人や我が国のライバルたちと競うのではありません。
我々の目標は彼女が自分自身と闘うことです。

以前、彼女はいつも4回転が、可能な限りウルトラCができることを証明しようとしていました。
僕の意見ではそれにフォーカスする必要はありません。
彼女はすでにジャンプの仕方を知っています。
大事なのは-自分の仕事をすることです。
我々は彼女のスケーティング、曲の解釈、芸術性について多くの仕事をしました。
彼女は音楽を違った仕方で感じることを学びました。
フィギュアスケートにおける芸術性はとても重要です。

サーシャはとても強い人です。
彼女は何事も明日まで持ち越したがりません、今それをやりたがります。
それに彼女は恐ろしいほどハードワークです。
スポーツの観点から、もちろん、彼女が各トレーニングセッションごとに自分のベストを尽くし、ナンバーワンであろうとするのはすばらしいことです。
しかし彼女を留めなければなりません、彼女は常により多くより速くやりたがります。
急ぐべきではありません、彼女は思春期なのです。
これも考慮に入れる必要があります。

サーシャは長い間一つのシステムの中で学んできました、僕には全く違ったものがあります。
僕は子供たちを決して叱りつけたり侮辱したりしません」
プルシェンコはDagens Nyheterのインタビューでそう語った。

以前トゥルソワはエテリ・トゥトベリーゼとトレーニングしていた。

フィギュアスケート世界選手権は3月24日から28日にスウェーデンのストックホルムで開催される。



https://www.sports.ru/figure-skating/1095150066-evgenij-plyushhenko-trusova-dolgo-zanimalas-po-odnoj-sisteme-u-menya-s.html


ワールドリザルト
http://www.isuresults.com/results/season2021/wc2021/CAT002RS.htm

SPプロトコル
http://www.isuresults.com/results/season2021/wc2021/FSKWSINGLES-----------QUAL000100--_JudgesDetailsperSkater.pdf

フリープロトコル
http://www.isuresults.com/results/season2021/wc2021/FSKWSINGLES-----------FNL-000100--_JudgesDetailsperSkater.pdf

"世界選手権の前" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。