もじゃ先生のご冥福をお祈りいたします

20201105.PNG


振付師ダヴィド・アヴディシュ死去:エフゲニー・プルシェンコや他のスケーターのナンバーを振り付けた


10月29日、振付師のダヴィド・アヴディシュが死去したことが明らかになった、彼はサンクトペテルブルクのナショナルフィギュアスケートチームの元コーチだった。

ロシアのフィギュアスケート界すべてにとって悲しいニュースは10月29日の朝、サンクトペテルブルクからもたらされた。
振付師のダヴィド・アヴディシュはここで、この都市のナショナルフィギュアスケートチームと共に仕事をし、エフゲニー・プルシェンコを含む多くの有名なアスリートにナンバーを作った。
長年にわたり、ダヴィド・アヴディシュはサンクトペテルブルク音楽ホールのバレエの芸術ディレクターだった。
サンクトペテルブルク・ナショナルフィギュアスケートチームのコーチ-振付師。
彼は創造性と才能のある人物で、彼の仕事について悩み、本当のプロフェッショナルだったと、ロシアフィギュアスケート連盟のウェブサイト上の死亡記事は語っている。

ダヴィド・アヴディシュがフィギュアスケート界での何年にもわたる仕事において、アレクセイ・ミーシンコーチのグループと協働し、彼の生徒たち、エフゲニー・プルシェンコや他のフィギュアスケーターにプログラムを振り付けたことは有名だ。
彼はタマラ・モスクビナとトレーニングしていたペアスケートのスター、オクサナ・カザコワ&アルトゥール・ドミトリエフのプログラムすべてのディレクターだった。

夏、7月4日にこの振付師は68歳になったばかりだった。
彼の早すぎる死の原因は長年の深刻な病気だと言われている。

「Komsomolskaya Pravda」紙はロシアフィギュアスケート連盟の言葉に同調し、ダヴィド・アヴディシュのご家族と友人たちにお悔やみを申し上げる。


https://www.spb.kp.ru/daily/2171201/4312442/




☆僕の友人で共に4回のオリンピックを過ごした振付師-ダヴィド・アヴディシュが亡くなった!
ダヴィドのプロフェッショナリズムと僕のためにしてくれたすべてのことに感謝する!
僕たちは皆、君を失って寂しい…。
永遠の思い出と最大の心からのお悔やみをご家族と友人たちに…。

https://www.instagram.com/p/CG78sniDBS3/


"もじゃ先生のご冥福をお祈りいたします" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。