2月の記事だけど③

volga.jpg



メドベージェワはもう競技とは別れるべき


――シーズンの後半、ロシア人フィギュアスケーターの中で3人が戦い、残りはもはや本質的に競技の外にありました。
ハイレベルな競争の故に、誰かが国籍を変えるべきかもしれないという意見があります。
どう思われますか?

E:その価値はあるかもしれません。
僕はそれを歓迎さえしますよ。
我が国には多くの素敵な少女や少年たちがいます。
これはスポーツなのです、そして演技する機会を探す必要があります、力を発揮するために。
他の国のために滑るチャンスがあるなら-なぜそうしないのでしょうか?

――具体的にメドベージェワとトゥクタミシェワに言及するとしたら?
ある理由により、この文脈では、この問題は容易にネガティブさを引き起こします。

E:誰でも自分の道を選ぶことができます。
しかしメドベージェワは長年我々の国を代表し、もう競技で滑ることに別れを告げる必要があるように僕は思います。
ショーに行って、自分自身が楽しんでいます。
4回転ジャンプを持つ少女たちと戦うことは不可能です。
彼女が5位とか7位になりたいなら-それも彼女の選択です。
トゥクタミシェワは客観的に見ればとても難しいと思いますが、リーザにはアクセルと4回転トウループがあります。
ええ、彼女はそれらをやります、もしかしたらオリンピック前のシーズンにはまだそれを見られるかもしれません。
しかし客観的にはその力とライバルたちの力を見極める必要があります。
そしてライバルたちはどんどん成長しています。
もちろん、誰かが離れるような、ライバルの怪我の可能性はあります。
アリョーナ・カニシェワは怪我をしてダンスに行きました。
現在は、一般的に、積極的な転向です。

――それで、我々はジュニアが彼女たち自身の中で競うことになるという事実に向かっている?

E:きたる会議で年齢制限を17歳に引き上げれば、すべては変わるでしょう。
そして僕はそれを歓迎します。
通常15歳の子たちが勝って-そして家へ帰って、ショーでお金を稼ぐからです。
そして1年か2年で誰も彼女たちを必要としなくなります。
身体は成長し、胸は大きくなり、脳の働きが違ってきます…。
そして2つ年齢が上がれば、準備も変わります。
滑るのはさらに難しくなるでしょう、12歳で出ていって幾つかの4回転をやるよりも。
そしてその少年少女たちが17歳になる5年後のことは誰も分かりません。
同じくPetya Gumennikは筋肉を付け、リアルマシーンのようになり、僕は彼のトレーニングを見ましたが、幾つかの点で失敗がありました。
しかし彼は競技会に出場し、ジュニアのロシアチャンピオンになりました。
そして少女たちはさらにタフになっています、身体が全くアンバランスです。

――別の選択肢として、フィギュアスケートの区分をアーティスティックとテクニカルのプログラムにすることが考えられます。
E:僕は何かを変えることに賛成です。
そのようにならせましょう、何らかの斬新さが必要です。



https://www.sport-express.ru/figure-skating/reviews/intervyu-evgeniya-plyuschenko-kogda-vosstanovitsya-adelina-sotnikova-skolko-zarabatyvayut-syn-alina-zagitova-i-evgeniya-medvedeva-konflikty-s-eteri-tutberidze-i-alekseem-yagudinym-1644363/






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント