もはやネタ

d0401a9fabba93460eb100e4d7c6ee555e0a2447f2a70404838731.jpg


「プルシェンコが天才だっただけ」。なぜトゥクタミシェワが4回転ジャンプを転倒したかをコーチが説明


2020年2月19日


フィギュアスケートのコーチ、オルガ・グリゴリエワがフィギュアスケーターにどのように4回転ジャンプを教えるかを語り、そしてロシア選手権で4回転ジャンプに挑戦したエリザベータ・トゥクタミシェワの失敗を分析した。

〔プルシェンコの名前の出た部分のみ抜粋〕

――最近のエレメントの幾つかの失敗の理由を分析しましょう。
エリザベータ・トゥクタミシェワとロシア選手権での4回転トウループへの試みは?

O:リーザは急いでいて、神経質になっていました、アプローチが短かったからです。
それぞれのジャンプにはリズムとそれ自身の幾何学があります。
最初のステージでリズムを加速する-以降のシナリオ全体がうまくいかなくなります。
プルシェンコがすごかっただけで-彼は頭からターンしてでもジャンプを降りることができました。
競技の状況においてスケーターたちはしばしば自分自身を煽って、最も難しいエレメントをすぐにやろうと焦ります。
それがリーザに起こったことです。
しかしわたしは彼女がクワドを改善し、それをきれいにやると確信しています。
この少女には素晴らしいジャンプの才能があります。

〔以下略〕





https://news.sportbox.ru/Vidy_sporta/Figurnoe_katanie/spbnews_NI1156839_Eto_tolko_Plushhenko_byl_genialnyj_Trener_objasnila_pochemu_Tuktamysheva_upala_s_chetvernogo_pryzhka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント