半年近く前のリャボワちゃんのインタ

≪プルシェンコは-すさまじくカリスマティック≫。ロシアからアゼルバイジャンに国籍変更した若きフィギュアスケーターのインタビュー
エカテリーナ・リャボワはモスクワでトレーニングしているが、ヨーロッパ選手権では新しい国のために滑っていた

2019年2月7日
〔プルシェンコに関する部分のみ抜粋〕
.
15歳のエカテリーナ・リャボワはミンスクでのフィギュアスケートヨーロッパ選手権で最も若い出場者となった。
エフゲニー・プルシェンコのスクール出身のこのアスリートはショートプログラムを終えて残念ながらトップ3に近い-7位にいた。
フリーはさらに少し下がり-12位という最終的な結果となった。

……

――トレーニングプロセスはどんなふうですか?
E:エフゲニー・ヴィクトロヴィッチ・プルシェンコ、アレクサンドル・セルゲイヴィッチ・ヴォルコフ、彼の妻マルティナ、アレクサンドル・ゾロタレフとスヴェトラーナがわたしと共に仕事をしています-新しいコーチが1週間ほど前からわたしたちと仕事をしています。
OFPでの仕事はRam-素晴らしい専門家によって管理されています、わたしはひとえに彼のおかげで幾つかの試合で滑っています。
また、わたしは両親にも支えられていますが、それはより助言的です。
トレーニングプロセスはこんな構成です:ウォームアップ、それから1時間10分氷上練習、それから1時間休憩-食事や宿題ができます、それからSFP、それからまた1時間氷上で、そして最後に-OFPか振り付け、その週のその日によります。
――プルシェンコとはどれぐらいの頻度で仕事をしますか?
ショーに関わって忙しいでしょうから、彼に十分な時間があるのでしょうか。
E:彼はプロセスをコントロールしています。
氷上にはカメラがあって、それによって彼はわたしたちの活動を見ることができます。
彼が現れるときには、彼が来てわたしたちととても実り豊かな仕事をします。
――どれぐらいの頻度で彼は現れますか?
E:エフゲニー・ヴィクトロヴィッチがショーをやっていれば、もちろん、彼は自分自身をすべてショーに捧げます。
大体1か月に2、3週間は来ます。
つまり、わたしたちが彼なしでトレーニングするのは少しです。
――彼はどんなコーチですか?
E:ものすごくカリスマティックで、才能があり、ありえないぐらいハードワーキングな人物です。
彼はいつも愛する仕事に没頭しています-競技で、ショーで、トレーニングで。
エフゲニー・ヴィクトロヴィッチがリンクに来ると、わたしたちは1週間は彼のエネルギーでチャージされます。
それはとても激しいものです。
プルシェンコは技術を完璧に知っています。
彼がスケート靴を履いて氷の上に出ると、皆すぐにサイドに分かれ、彼が何かをどう示すかを見つめます、それが壮大だからえす。

……


0

この記事へのコメント