1年近く前ですがホッケーとフィギュアスケートについて

画像


2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコ:今は息子のトレーニングに個人的に携わっている

2018年8月25日

SKAのプレゼンテーションセレモニーにおいて、デビューしたプルシェンコ・ジュニア-アレクサンドルが表彰台に乗った。

Naturally, father trains him? Evgeny? whose academy since this season will function in the khokkeyny City ≫ on the basis of SKA.
( Of course, he is being trained by his father? Eugene ? whose academy from this season will function in the "Hockey City" on the basis of SKA. )
もちろん、父親-エフゲニー-は、今シーズンからはSKAの拠点で“Hockey City”が立ち上がる彼のアカデミーで〔アレクサンドル〕をトレーニングしている。
2度のオリンピックチャンピオンは独占インタビューで“Sport Day after Day”の記者に、彼が息子に望むこと、彼がホッケーに関して夢見ていることについて語った。

「ええ、僕の生徒たちは今日も滑っていました、うまく滑りました」
エフゲニーは語った。
これまで彼らはモスクワの“プルシェンコアカデミー”で取り組んでいました。
そしてこれからはサンクトペテルブルグの子供たちはサンクトペテルブルグで、“ホッケーシティ”でトレーニングすることになります。

──SKAとはさらに何か関係が?

E:僕は人生のほとんどをサンクトペテルブルグで過ごしました、それでSKAを応援するのです。
現在僕は二つの都市に住んでいますが-モスクワとサンクトペテルブルクです-いつも我らが“ゼニト”をSKAのゲームを見ています。
僕は自分でホッケーをするのも好きで、ナイトリーグでプレーしています
そういうわけで若者たちやコーチングスタッフたちがきちんと、怪我なくシーズンを過ごし、再びガガーリンカップで勝つことを望んでいます。

――かつてはあなたにホッケーの噂でよく知られていたわけではなく、息子さんにフィギュアスケートではなく、このスポーツをさせたかったのかどうか。〔?〕
それとも、サーシャ自身もパックを叩きたかった?

E:彼はたった5歳で、彼にホッケーを無理にやらせるのは早すぎます。
フィギュアスケーターはホッケープレーヤーよりうまく滑るというのは秘密ではありません。
そしてもし機会があるなら、彼はホッケーをやりたがるでしょう、まだ時間があります-7歳までは彼はフィギュアスケートのトレーニングをするでしょう。

――ところで、あなたは子供の頃、スティックをその手に取りたいという誘惑はなかったのですか?

E:もちろんありましたよ。
フィギュアスケートでうまく滑ることを身に付けて、ホッケーに移りたいと思っていました。
それから、僕は自分のスポーツに夢中になりました、ジャンプ、スピン、プログラムを滑ることが好きになり、僕は留まりました。
ヴォルゴグラードで始めたことも影響したのかもしれません、ソビエト時代に、ホッケーが全くなかったと言えますから。

――フィギュアスケートとの違い、接触する種類のスポーツは怖くなかった?〔?〕

E:ホッケーは-男性にとって普通の職業です。
しかしプロフェッショナルのフィギュアスケートは、サッカー、バスケットボール、テニス、バレーボールと同様に怪我を引き起こすスポーツです。
例えば僕は現役時代に15回の手術を受けました。
深刻な手術です。
4回転ジャンプとそのランディングは-ホッケーリンクにおけるライバルとの衝突に劣りません。

――あなたはホッケーをやるときはどのポジションでリンクに行くのですか?

E:レフトウィングフォワード。
僕はゴールを上げるのが好きです!
みんなパックを打つのが好きだと思います。
ゲートで場所を占めているのは-僕の物語ではありません!
僕のは-攻撃、得点、僕は-フォワードです!

――ホッケー選手の誰かと親しい関係を持っていますか?

E:みんなと。
過去のスター選手、ベテランについて言うなら、レーシャ・ジャムノフ、僕たちは近しく話をしています。
もちろん、イリューシャ・コヴァルチュクも。
現役でもマルキン、オベチキン、最近引退した人では-ヤシン、フェドロフ、パーヴェル・ブレ。

――ところで、あなたは最近、ソチでのワールドホッケーのスターたちが参加するチャリティーマッチ“From the Heart”に招待されましたが、氷に乗るリスクを冒しませんでした。

E;僕の夢はビッグで偉大なホッケープレーヤーたちと共にプレーすることです。
彼らどのようにスティックを持ち、どのようにリンクを見るのかを見ます。
それは興味深いことです!

――しかし、多分彼らもあなたから何か学ぶものがあると…。

E:あるとすればスケートのポゼッションぐらいかな、それと僕が“フィギュア”を描くとか(微笑)。

――スポーツにおいて今どんな夢がありますか? コーチとして。

E:最高のトップに届くこと-生徒たちと共にオリンピックチャンピオンになって。

――あなたの息子がスポーツにおいて大きな高みに達する望みがあるか、あなたはそれを望むのかどうか?

E:もちろん望みますよ。
どんな父親だって子供がベストであってほしいと思います、その両親よりもね。
ただ良い人物であること?
それも重要です。
しかしスポーツについて言うなら、偉大な最高峰に到達することが望ましいと思います。

――サーシャはあなたに似ていますか?

E:スポーツに関してはまだ分かりません。
今はトレーニングを見て、個人的にそれを引き受けるつもりです。
すでに本格的な仕事を始めました、1日2時間の。

――奥さんのヤナは、息子さんにはもっとソフトにとは言いませんか?

E:いいえ、反対にもっと厳しくと申し出ています(微笑)。


https://www.sportsdaily.ru/articles/dvukratnyj-olimpijskij-chempion-evgenij-plyushhenko-teper-lichno-zajmus-podgotovkoj-syna


札幌PIWでダブルサルコウを決めたサーシャにジェーニャは大喜び。
サーシャもジェーニャのようにこのままフィギュアに留まるんじゃないかなあ。本人演技するのが大好きそうだし。

https://www.instagram.com/p/BzDE3T_glI8/?igshid=1l0qvmugmk2de