ソチ五輪を振り返って

画像



エフゲニー・プルシェンコ:≪ソチで外国人が応援してくれて、我が国の人たちは非難、それはつらいものだった≫


2019年2月23日

組織のレベルについて


-ロシアでのオリンピックの前に、僕はアメリカ、カナダ、イタリアを振り返りました。
そう、それらは素晴らしかったが、ソチではすべてが10倍の規模、100倍荘厳でした!
それは大会の開会式と閉会式にも当てはまり、すべての施設に歩いて行ける距離で、車で行ったのは選手村と巨大なリンクでした。
すべてが完璧に、うまく、安全に計画され-まさにトップクラスでした。
ソルトレイクシティやバンクーバーについて言うなら、武器を持った膨大な数の警察官がいて、群れを成してどこにでも行っていました。
ちなみに:ソチではそのような人々は平服を着て、目立たずにいました。
スポーツ関係の役人、国家、個人的にウラジミール・プーチンに多大な感謝をしています。
そう、ボランティアを含めた皆がすべてを高いクラスにしたのです。

大会の準備について

-我が国のファンと観客にも大いに感謝しています。
人々は広大な国のすべての州からやってきました。
僕がロッカーからリンクに出たとき、詠唱が始まったのを見ました。〔あのものすごいロシアコールのことかな?〕
今までどこででもそんなのは見たことがありませんでした。
それで、とても容易に滑ることができました、最も深刻な怪我にもかかわらず。
それは独特な経験でした。
僕は勝利に進みました、それは厳しく、困難を越えて得たものでした。

大会の9か月前、僕は手術を受けました。
リンクに出たときには、実際、準備には半年が残っていました。
新たにダブルとトリプルのジャンプを習得し、4回転と3回転半については僕は何も言えません-すべての構成が崩壊するかもしれないのは恐ろしいことでした。

ファンとの関係について

-最初に、僕は文字どおり彼らの手で運ばれました。〔?〕
31歳で、僕が最初に滑ってチーム全体を引っ張ることが必要でした。
ユリア・リプニツカヤは-15歳で、はっきりしていませんでした、彼女がたっていられるかどうか。
事は成りました。僕にとっても、チームにとっても。

2日後、僕は競技を棄権しました。
非難されてつらく思いました。
傷むだけではなく、吐き気を催すような方法で、我が国の人々に恥をかかせるものです。
外国人たちは応援してくれ、我が国の人たちが非難しました。
もちろん皆ではありませんが、一部の人はわざとやったのだと言い始めました。
プロフェッショナルの人たちさえも。

手術がテレビで放送されてやっと、皆ったふうに言い始めました。
それで僕たち家族、妻、コーチであるアレクセイ・ミーシン、振付師のダヴィド、友人たちも踏みとどまりました。
辛抱し、より強くなりました。
最後に、僕はこう言います:業績に対する敬意と愛だけでなく、慈悲深くあれ。そうすればすべてうまくいくでしょう。



https://matchtv.ru/figure-skating/matchtvnews_NI976870_Jevgenij_Plushhenko_Kogda_v_Sochi_inostrancy_podderzhali_a_nashi_osudili_bylo_bolno?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=kogda-v-sochi-inostrantsy-podderzhali--a-n&utm_content=26873034