コフトゥン引退に寄せて

画像


プルシェンコ:コフトゥンはスポーツの中で自分自身を十分に悟らなかった

2019年4月23日

フィギュアスケーターとしての現役を終えたマキシム・コフトゥンはスポーツの中で彼自身を十分に悟らなかったと、2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコがRIA Novostiに語った。
コフトゥンは火曜日に23歳でスポーツのキャリアを終えると発表した。

「マキシムにショーやコーチの活動で幸運がありますように。
多分ショービジネスの中で自分自身を見つけるでしょう。
彼がラップをやることはみんな知っていますから、それについては彼はとてもラッキーです!
言うまでもなく、彼はスポーツの中で彼自身を十分に悟らなかった〔最大限生かさなかった?〕ように見えます。
彼を妨げたものを、彼に尋ねる必要があります」

「個人的には、僕はマキシムに何の対抗心もありません。
一般的に何についての話でしょうか?
そしてソチオリンピックの間に起きたおと、時が来れば、マキシムがすべて-どのように何が起きたのか、話すだろうと僕は思います。
僕たちはこの前、ほんの少しだけ共に仕事をしました。
彼はいいやつです、時が来れば2014年のソチで起きたことをすべて話すでしょう」

プルシェンコはそう付け加えた。

https://rsport.ria.ru/20190423/1552970274.html