セラフィマが来た頃のインタビュー:後半

エフゲニー・プルシェンコ:サハノヴィッチの滑りはメドベージェワよりもっとパワフル

2017年9月26日

-彼女は彼女の中に何があるか認識するために目標を設定しました。
彼女が小さかった時、彼女は一つのステップを踏みました。
それから少女たちは形成され、ある者は広がり、伸びた者、ある者は変化しませんでした。
17歳のデータで終わるのはばかげています!
彼女の技術を取り戻すにつれ、4回転サルコウを習得するでしょう、さらに彼女が言ったように、彼女はそれを練習していました。
そして僕たちは4回転トウループもマスターするでしょう。

――見込みは?

E:もちろん! 彼女にはとてもいいジャンプのポテンシャルがあるし、他のすべての指標について書き切れません。

――彼女はとても美しい“3F-1Lo-3F”の連続ジャンプを見せました。
それが保たれるでしょうか?

E:楽しみにしましょう。
3日仕事しただけでそれについて話すのは難しい。
これまでのところ、以前の振付師とコーチは彼女にとても良いプログラムを与えていたと言うことができます。
彼女は完璧に滑ります。
フィギュアのトップスケーターの中でも、セラフィマのようにパワフルに滑るアスリートは一人もいません。
本当にとてもパワフルです。

――我が国のシニア女子を取り上げてさえも?

E:そうです、シニアでさえも、誰もあのようなスピードで滑りません。

――エフゲニア・メドベージェワは?

E:彼女についてもそう言えます。

――サハノヴィッチが2度の現世界チャンピオンよりパワフルに滑るのですか?

E:もちろん。すごく、本当にすごく。トレーニングを見れば分かるでしょう。
ただスケーティングにさらに技術を加える必要があるだけです、プログラムを両方滑りきるだけの。
そして彼女は高いジャンプを跳びます! 彼女がフィギュアスケートに留まろうと決めたほと、とてもすばらしい。


≪ナショナルチームに入ることができる ≫


――セラフィマはあまり標準的でない人生観の人物ですね。

E:彼女はとても慎み深く、積極的な少女ですよ。
僕が見たところでは。
僕は彼女の競技すべてを再考しましたが、彼女は良いアスリートです。

――そして年齢においてではなく大人に見えます。

E:そのとおりです。フィギュアスケートで17歳というのは-むしろ大人の年齢です。

――16歳で彼女はまるで大人のように話もしました。

E:そして僕たちもまたスケートリンク上での大人を必要としています。
サハノヴィッチが我々のところに来て競争が始まるのはとても健全なことです。

――あなたのアデリナ・ソトニコワはひとり立ちしています。
彼女を抜きにすると、セラフィマが-プルシェンコのグループの第1位ということに?

E:僕は誰にも第1の地位を与えていません。
そして最も近い将来にはないでしょう。
彼女たちは皆世界的には一つのレベルで、皆まだ多くのことを証明する必要があります。
ある者はすでに成し遂げています。
最近、僕たちのチームのVarvara Kurnosenkoが、昨年やっと2回転ジャンプをものにした子ですが、5か月間で3回転ジャンプをすべて習得し、それらを競技で遂行しました。
ジャンプです!
僕はとても嬉しく、我々のコーチたちがすばらしい仕事をしたことを誇りに思います。
そういうわけで、セラフィマも彼女が何番か、彼女自身を証明しなければなりません。
トレーニングにおいてだけでなく、競技において。

――あなたは彼女の過去のプログラムのうち一つを見ました、そこでは彼女は象徴的に寺院で彼女自身を撃つ用意をしています。

E:確かに。

――このプログラムは彼女を精神的に死なせていませんか?

E:僕は過去に戻りたくありません、なぜ彼女が(前のコーチの下を)去ったのか、なぜ去ったのかを論じたくないのと同じように…。
そして前のコーチのところで彼女はすばらしい成功を収め、彼らは皆良い仲間です。
しかし今、我々は新しいステージにいます。
このような変化は、多分、彼女にとっては難しい決定です。
何と言ってもサンクト・ペテルブルグからモスクワの貸しアパートに引っ越すのは-最も手頃な決定というわけではありません。
それに母親が1人でサンクト・ペテルブルグに住んで、セラフィマはここにいることになります。
彼女にはサポートが必要です。

――モスクワでは彼女ら自身が貸しアパートの家賃を?

E:そのために。
僕はこのスポーツウーマンの支援についてサンクト・ペテルブルグの連盟と話をします。
僕たちは想定される課題を挙げ、連盟はすでに、僕が思うに、側面から助けてくれるでしょう。

――とりわけCEOのアレクサンドル・コーガンか組織の長、アレクサンドル・ゴルシコフといったロシアフィギュアスケート連盟(FFKKR)の“メイン”とはこの問題について話をしないのですか?

E:いいえ、何のために?

――彼女はロシアナショナルチームのメンバーでしたが、今は止められています。

E:彼女には自分自身を取り戻すという課題があり、そして競技で結果を出せば、自ずとロシアナショナルチームに入るでしょう。
僕は彼女をナショナルチームに特別に“引き入れる”ことを誰にも頼むつもりはありません。
しかし、彼女はその滑りによってそれを受けるに値するでしょうし、すべてうまくいくでしょう。


https://mrsport.ria.ru/interview/20170926/1126285968.html



シーマの4回転、楽しみにしています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)