CaoI2017感想

なんだかいつにもまして記憶がもうほとんどないのであっさりと。

今回少し出演者減ったかしら。ミュージシャンとのコラボ等もないし、さくさくと進む感じで、かえってそれが良かった。あまり夜遅くなってもその後がいろいろ大変だし、スケーターが疲れてるのはもちろんのこと、ほとんどの観客は昼間JOも観てるからこっちも多少疲れてる。
でも、例年より少し淡々としてる印象はあったけど、それでつまらないなんてことは全くなくて、むしろだれずにショーを楽しむことができました。

一人一人全部楽しく観ました。だけど最近特に老化がひどいのか、すでに具体的に覚えていません。JOってか競技は合間にメモできるからいいんだけどね。
はっきり覚えてるのは言わずと知れたまっちーの「白鳥の湖-ジークフリートとその運命」ですね、やっぱり。
まっちーはフィギュアスケートに新しいジャンルを作ってしまったんじゃなかろうかと思う。

次の演者を紹介するときMCさんが「さて、度肝を抜かれる演技の後は」とか本当に度肝を抜かれた声で言ったので笑いが起こってました。

あと印象に残ってるのはウィバポジェ。アイスダンサーって、私が生で観た狭い範囲の印象ですが、意外とショーでツイズルってやってくれないことが多いような気がするんだけど、Caoiでのウィバポジェは見せてくれましたね~、それも結構長く。

カナクリも素敵でした。哉中ちゃんはちょっと日本人離れした表現力があるような気がする。

成ちゃんは龍一のときのことを思うと嶺くんとなじむほうが早かった気がする。嶺くんの技術も安定感が増してる。でもツイストの高さとかスロージャンプの成功率とか、やはり世界トップと戦うにはまだ厳しいな。今度こそ長く続いてほしいな、このコンビ。

そしてまさか昌磨くんがこんな大きなアイスショーのトリを飾る日が来ようとは。
MCさんが昌磨くんを紹介するまでしばらく間が空いたので、男性の声で「しょーまー!」と呼ぶ声が上がり、MCさんがやっと「そのとおりです!」とか言って笑いが。

あとは、MC主導のアンコールはいらないなって毎年思ってる。それぐらいかな。
とにかく凝った演出がないのがかえって心地よく楽しめたので来年もまた行こうかなって思っちゃってます。
来年は来年でまた変わるのだろうけれども。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス