4月5日のプレカン記事③

画像


ソトニコワのプログラムディレクターにはカナダのエマニュエル・サンデュ-プルシェンコ

2017年4月5日

カナダ人のエマニュエル・サンデュがフィギュアスケートの2014年オリンピックチャンピオン、アデリナ・ソトニコワのプログラムディレクターになると、ロシア人のコーチ、エフゲニー・プルシェンコが発表した。

先日“R-Sport”はソトニコワがエレーナ・ブヤノワコーチとの協同をやめ、オリンピックチャンピオン、プルシェンコと仕事を始めることを知らされた。

「僕とアデリナは協同を開始し、トレーニングしています。僕たちは2週間トレーニングをしました。
ちょうど昨日、アデリナの今後のプログラムディレクターが到着しました-カナダのエマニュエル・サンデュです」
プルシェンコはジャーナリストたちにそう語った。

「明日すぐ、僕たちはプログラム作成の仕事にとりかかります。
移行期間ですが、僕たちはすでにトレーニングしています。
それは挑戦です。
僕たちは1シーズンだけではなく、ずっとプレーします」

「アデリナはまだ〔もう?〕滑りに滑っています。
これはPR活動だとかいろいろ書かれています。
僕に宣伝は必要ありません、アデリナもです。
これは彼女の決定です、僕は誰も誘惑していません。
今日、アデリナと共にアレクサンドル・ゴルシコフとアレクサンドル・コーガンに会いました」
プルシェンコは続けた。

「アデリナはランキングを持っていません、僕は理解しています。
でも僕もそれを通過して、一番下のウォームアップグループで始めました」

サンデュは2004年、フィギュアスケートのグランプリファイナルの優勝者。


http://rsport.ru/figure_skating/20170405/1118655595.html