RN直前ミーシンのコメント

プルシェンコに関する部分のみ抜粋


ミーシン:コンポーネンツは ― 目を丸くするものではない

2012年12月23日

プルシェンコの回復について、ロシア選手権へのガチンスキーとトゥクタミシェワの準備について、フィギュアスケーターのコーチ、アレクセイ・ミーシンへのインタビュー。

フィギュアスケートロシア選手権のほんの数日前。

オリンピックDS“アイスバーグ”の屋根の下で、12月23日に大会はスタートする。そのリンクは多くの参加者が国際グランプリシリーズのファイナルの間、すでに試した。
これらの競技の価値を過大評価することは難しい、とりわけプレオリンピック年には。 
ロシア選手権の最後には、1月21日から27日にクロアチアのザグレブで開催されるヨーロッパ選手権に参加するナショナルチームが発表されるだろう。
男子と女子のチームの席を巡る主な候補者の中には、アレクセイ・ミーシンの3人の生徒がいる:エリザベータ・トゥクタミシェワ、エフゲニー・プルシェンコとアルトゥール・ガチンスキー。


 〔略〕



ガチンスキーを別にしては、、チームの3席はコンスタンティン・メンショフ、セルゲイ・ヴォロノフ、そしてもちろん、エフゲニー・プルシェンコが選ばれるだろう。
最後のものには、連盟とファンの両方が特別な望みをかけている。
残念ながら、競技への次の復帰は、それほど簡単に我々のオリンピックチャンピオンに与えられなかった。
今シーズンにおいて、プルシェンコは背中への予防的な手術の必要のために、予定していたどの大会にも参加しなかった。
“Chempionat.com”記者がフィギュアスケーターのコーチ、アレクセイ・ミーシンに準備について詳細を尋ねた。


──アレクセイ・ニコラエヴィッチ、教えてください、プルシェンコの回復はいかがですか?

A:エフゲニーの回復はとてもゆっくりで、非常な困難を伴います。
我々は彼がロシア選手権の後にベストな状態であることを期待しています、背中にした麻酔手術と注射のネガティブインパクトを弱めるときに。
しかし、わたしの意見では彼はロシア選手権に参加する必要があります。
そしてそれから、我々は見ることでしょう。

──それで、あなた方はショートプログラムを昨年のままにし、フリーだけ変えたのですか?

A:いいえ。新シーズンの準備の中で、我々はショートとフリープログラムの幾つかのバージョンをやりました。
しかし昨年の“ストーム”とサン=サーンスによる“白鳥”が最適だったのです。
それらは彼のキャラクターにうまく応答しています。

──2012年のヨーロピアン、ショートプログラムで、エフゲニーはクワドを跳ばない決意をしましたが、それはこの大会で彼が勝利することを留めませんでした。
ソチで、あなた方はそのシナリオを繰り返しますか?

A:その質問に答えるのはとても難しいですね。
アスリートが怪我の後演技をするとき、何かを明確に言うことは難しい。
競技で何があるか、それはもっと後ではっきりするでしょう。



 〔以下略〕


http://www.championat.com/other/article-147359-aleksej-mishin--o-podgotovke-k-chempionatu-rossii.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)