ユーロ前のインタビュー

画像



エフゲニー・プルシェンコ:僕はまんまとだまされたんだ!


2012年1月25日 Sergei DADYGIN

オリンピックチャンピオンは妻だけでなく、義理の母を海外へ連れていった


2度目の復帰は、多くの人が信じなかった。
エフゲニー・プルシェンコは時々疑った:それは価値があるかどうか?
妻は確信させた:価値はある。

今、サランスクでのロシア選手権の後で、29歳のフィギュアスケーターは、シェフィールドでのヨーロッパ選手権で“金”を取ることを望んでいる。


--エフゲニー、サランスクの観客席に、あなたは妻のヤナ・ルドコフスカヤがまた応援に来ていましたね。
彼女はあなたの試合はたとえ一つでもスキップしないんですか?

E:僕たちが一緒になってから、ヤナは僕のすべての試合にいてくれました。
モルドヴィアに着いて、僕を応援して、それからディーマ・ビランの誕生祝いのためにモスクワへ戻りました。
彼女はすべてを時間どおりに行います。
ご存じのように、僕の復帰は大変でした。
3回転ジャンプさえできないときもありました。
跳び上がり-そしてすっぽ抜けてしまう。
腕は垂れ下がり、もうスケート靴を釘に掛けたいと思いました。
けれどヤナが思い起こさせ、納得させてくれたんです、29歳という年齢は、すべてをできるわけではないと。彼女は僕を説得し、信じさせたんです。

--夏に足の手術をしましたね。
やっかいでしたか?

E:ええ、回復は大変でした。
9月に、モスクワでのテストスケートの後、足の筋肉が萎縮し、左脚が右より細くなってしまいました。
メディカルセンターに連れて行かれ、検査して、注射なしでは何ともならないと言われました。
軽々しく、僕はそれに同意しました。
いつもはドイツで治療を受けるんですが、ここで…。
僕は時間を無駄にしたくなかった、そして結果的に、丸々1か月を失いました。
医者のバカげたミスのために。

--あなたに良くない注射をした外科医は、彼のミスを謝ったんですか?

E:僕は彼とはそれ以上話していません。
僕に注射をしたSergey Arhipovは一般的に有名な外科医です。
僕は個人的に彼を知って、信頼し、それで同意しました。
しかし、予約の日、メディカルセンターに到着すると、僕はものが言えないほど驚きました-Arkhipovがいないというんです。
僕は尋ねました:どういうわけで、どこへ?
このような場合は、言わせてもらえば、僕は注射は受けないでしょう。
しかし、僕に対する答は:他のファーストクラスの医師が、メディカルサイエンスの候補者が注射をできる、彼はArkhipovによって推薦されたと。
結果的に説得されました。
そしてその候補者は注射をし、僕はしゃがむことができなくなりました。
おそろしい痛みがありました。
そのドクターは関節ではなく、膝の肉の部分に注射したんです。
3日後、僕はArhipovに会いました。
彼は誰のことも推薦していませんでした。
僕はだまされたんです。

--その医師の姓名を知っていますか? それを言うことができますか?

E:知っています。
しかしまず、僕はロシアのナショナルチームに医療を提供する責任のある人々に会いたいですね。
最終的に彼ら自身ですべて明らかにしてほしい。
この人は我々のチャンピオンたちのうち、ほかの誰かの対し、競技の準備を駄目にはしませんでした。
実際、関節への注射は-全く単純で、天才である必要はありません。
しかし、彼はやり遂げませんでした。

--あなたは若いころからアレクセイ・ミーシンと練習しています。
それに飽きたことはありませんか?
あなた方の関係はその年月の間に変化しましたか?

E:アレクセイ・ニコラエヴィッチは僕にとって-第二の父です。僕たちは互いにとてもよく理解し合っています。
彼は僕のコンディションを感じ取り、言うべき時と、黙っていたほうが良い時を知っています。
僕を信じてくれて、強さを与えてくれることに感謝しています。
ミーシンにはたくさんの新しい発明があり、月桂冠の上に安住しませんでした。

--あなた方の間に仲違いが起こったことは?
彼はあなたの演技のことで叱りますか?

E:前は叱られましたよ、僕が若かったころは。
今は-ないですね。
トレーニング中は、ありますね、僕が沸騰し始めてしまう-何かができないと、大声で叫びながら縁を力任せに砕くことがあります。
沸騰が収まると、僕は落ち着きます。
コーチはそれを知っているので、円熟した指導者として、休憩を取ります。
彼はとても賢明です。

--ミーシンの提案で、有名なスイスのステファン・ランビエールとの共同を始めたというのは本当ですか?
E:そうです、僕は彼とイタリアで仕事をしました。
興味深い指導者で、最近まで良いスケーターでした。
けれど、ランビエールとやった準備は、どこでも実際にはやりませんでした。
僕は海外のエキスパートとかかわりたいと思っています。
来シーズンの手配はもうやっています。
1人はショートプログラムを、別の人と-フリーを。



新居祝い



--最近、ヴィクトール・バトゥーリン、あなたの妻の前夫が逮捕されました。
ヤナはどのように反応し、あなたはどう感じましたか?

E:ヤナは満足するだろうと思います。
でも、今ではありません、そのようなことは何もありませんでした。
僕はいつもバトゥーリンにかかわって、穏やかに話すことは、あまりうまくいきません。
彼はやりたかったことをやり遂げました。
彼自身の責任です。
彼らが離婚したとき、バトゥーリンはヤナから子供たちを遠ざけ、そのために争いました。
その目的は単に-彼女を傷つけることでした。
僕はだれにも悪意はありません。
彼が無実なら、自由にさせてください。
しかし子供たちは母親に会わせるべきです。
僕は最初の結婚に失敗しましたが、息子には母親が必要だと理解していました。
イェゴールをマーシャから取り上げようと思ったことはありません。
両親は離婚しても、交渉を持つことができるようであるべきです。
しかしバトゥーリンは彼の力と強さを見せたいと思いました。
子供たちの気持ちを考えていなかったのです。

--ジェーニャ、それであなたはヤナの息子たちとコミュニケーションを取っているんですか?

E:2012年までに数回会いました。
でも、新年にぼくたちはクールシュヴェルに行き、ヤナは彼女の子供たちを連れてきて、僕たちはふざけて騒いだんです。
アンドリューとコーリャは-とても楽しい子たちです!
彼らと遊んだり、しゃべったりするのは面白いんです。
彼らが僕をどのように認めているか? わかりません。
僕は、彼らの友人になれたらいいなと思います。
父親ではなく!
彼らには父親はいます。
イェゴールを連れていけなかったのは残念でした。
僕はヤナの子供たちに自分の息子を紹介したいんです。
その場所で、クールシュヴェルで僕たちはヤナの誕生日を祝いました。
義理の母も招きました。

--どんなふうでした? 邪魔されませんでした?

E:いいえ。彼女は慎み深くふるまいました。
ところで、僕は義理の母をとても愛しているんですよ。

--見たところ、あなたは1月の初めに、健康なモードを壊してしまったのではないですか。
新年、配偶者の誕生日…。

E:いえ、どちらの休日のためにも、僕はグラス1杯だけならシャンペンを飲む余裕がありました。
そして4日にはもう、サンクト・ペテルブルクでトレーニングを始めました。

--あなたの奥さんが用意したもので、お気に入りの一皿はありますか?

E:正直に? ヤノーシュカは料理はしません。
僕たちはふだんレストランで夕食を摂ります。
最近新しいアパートメントに引っ越したんですが、そこは歩いて3分のところにいいレストランがあるんです。
僕はよく、グリルドチキンを注文します、胸肉の。
カロリーが小さいんです-体重を減らす必要があるので。
僕はいつもスリムでいましたが、演技が終わって-何でもむさぼり食い始めました。
トリノオリンピックの1年後、体重計に乗ったら-何ということか、82kgあったんです!
それから69㎏に。
減らすのはとても大変でした。
今は70.7㎏あります。
ロシア選手権の3日間でさえ、ダイエットを維持しました。
ダイエットはこんなふうです-バナナ、タンジェリンとヨーグルト。それにコーヒーと少しのチョコレート。
--新しいアパートメントはどこから購入したんですか?

E:トリノの後、ウラジミール・プーチンからプレゼントされたものです。
離婚後、それは僕自身のために残しておきましたが、アパートメントのコストの半分を前の妻に払ったんです。
いずれにしても修理を終えることができませんでした。

--あなたはヨーロッパ選手権に参加が許されないだろうと想像できましたか?

E:そうですね、驚いたことに、それは全く現実でした。
ISUのルールは変わっていて、今はランキングポイントをカウントしますが、僕はそれを持っていません。
バンクーバーの後、僕はどの競技会でも演技していません。
我が国の連盟がISUと交渉できたとのは良いことです。
僕は例外としてユーロ出場が許可されました。

--シェフィールドでは、ミーシンの生徒、アルトゥール・ガチンスキーがあなたのライバルの1人となるでしょう。
彼に負けることもありうると認めますか?

E:もちろん。僕はアルトゥールと一緒に一つのリンクで練習していて、彼が熟達してきているのを見ています。
とはいえ、僕は負けるつもりはありません。

Евгений Плющенко: Меня нагло обманули!



バンクーバーのときの写真かな、ロシアンジャージの。
かっわいいなあ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)