プルシェンコ in ブカレスト

プルシェンコ:ブカレストで、僕は“敵”、ブライアン・ジュベールとステファン・ランビエールと共に滑る。僕はナンバーワン!


首都のBucharest’s Mihai Flamaropol Skating Rinkでのキングズ・オン・アイスショーまでほぼ3週間。
火曜日の夕方、このショーの2人の主役、エフゲニー・プルシェンコとエドウィン・マートンが、主催者Raluca Popescuに伴われ、ブカレストで記者会見を開き、大変楽しみにされているイベントについて語った。

その際、プルシェンコは、2週間前に受けた手術後の調子は良く、2014年、ロシア、ソチでの冬季オリンピックのために練習していると言った。
「僕は競技が好きです、その雰囲気、アドレナリンが好きです。
僕は氷のファイターです。
すでに3世代にわたって多くのスケーターたちと滑り、いまだに競技に参加し、まだナンバーワンです。



僕は2014年のソチで表彰台に乗りたい。1位を目指して戦うでしょう」

プルシェンコは付け加えて言った、2位は「僕にとっては敗北を意味する」。
彼が付け加えて言うには、ソチ後は引退し、彼自身のショーを始めること、スケーターとミュージシャンのためのプルシェンコ・シアターと、彼の名前を冠した学校を設立したいとのことだ。

「僕はブカレストで僕の“敵”と共に滑ります」
「皆さんのために新しいのと古いプログラムで滑りたいと思います。僕の友人たち、ブライアン・ジュベールとステファン・ランビエール、僕の敵たちと共に」
彼は冗談を言い、キングズ・オン・アイスの氷の上では、他のスケーターたちと良い友人だと付け加えた。たとえ氷の上ではライバルだとしても。

マートンの番になり、彼はこのパフォーマンスのために新しい音楽を書いたと言った。
「わたしはエンディングのために新しいものを書きました。
ショーに来てくれた人々が新しい曲を聴くことは、わたしにとってとても重要です。



それで、過去の大きなヒットを忘れてないでください」
とマートンは言った。

最初のショーのチケットが売り切れたため、4月7日にブカレストでキングズ・オン・アイスの追加公演が行われると、主催者のAmphitrionは先月述べた。
そのショーは午後3時から8時に行われる。

このショーは第4回目になり、今年はプルシェンコとマートンに、ジュベール、ランビエール、スルヤ・ボナリー、フミエ・スグリ、そしてペアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ、ヴェラ・バザロワ&ユーリ・ラリオノフ、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフが加わる。

追加のKings on Iceのチケットは以下の場所で入手できる。

〔以下略〕

http://www.bucharestherald.ro/front-page/front-page/44-city-life/31637-plushenko-in-bucharest-i-will-skate-with-my-enemies-brian-joubert-and-stephane-lambiel-i-am-number-one





ちょっと前まで、ソチは出られればいいって言ってたのに、いきなり火がついたのかしら(笑)
それだけ術後の調子が良いということだと思っておこう。

ロシアでの記事↓


エフゲニー・プルシェンコ、「ルーマニアの洞窟のようなリンク」


オリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコは4月7日にキングズ・オン・アイスを行うブカレストのMihai Flamaropolアリーナの状態を評価した。

「僕はルーマニアが大好きです。ファンの人たちは素晴らしい。でも、リンクは21世紀の洞穴のようです。
このようなコンディションでは、高いパフォーマンスを当てにすることは難しい」
と、プルシェンコはEnationalに述べた。
プルシェンコは来週ニースでの世界選手権は欠場する。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)