プルシェンコの復帰は勇敢な行動-ランビエール

ステファン・ランビエール:「ガチンスキー-
第二のプルシェンコではない。彼は彼自身だ」

2012年1月15日

26歳のスイスのフィギュアスケーター、ステファン・ランビエール-2006年トリノオリンピック銀メダリスト、2度(2005、2006)のワールドチャンピオン-が“SE”紙の特別インタビューに応じてくれた。


--話題となる最近のフィギュアスケートにおける主な出来事の一つは、エフゲニー・プルシェンコの氷への二度目の復帰です。
この問題についてどうお考えですか?

S:サランスクのロシア選手権で、ジェーニャがどのように演技したかを見ました。プルシェンコはすばらしく見えました、ええ、いつものように。
その時点でエフゲニーがすでに全く良い体形を得ていることは印象的でした。
僕はいつも、プルシェンコがもし健康でモチベーションがあるなら、彼は戻ってくるだろうと言っていました。
それで、僕はシェフィールドのヨーロッパ選手権が始まるのを、彼の出場と共に、楽しみにしていますし、もちろんジェーニャの幸運と今シーズンの多くの勝利を祈っています。


--一般的にフィギュアスケートにとって、ある人物が2度、ビッグスポーツから長く離れてなお、実際に大きな大会の金メダリスト候補であるということは、良いことでしょうか?

S:それはエフゲニーの問題ではないと理解すべきです-もし彼が精神的に最初から最後まで再び旅に出る準備ができているなら、なぜそれをしないでしょうか。
率直に言って、僕はプルシェンコの再度の復帰の決定に敬服していることを認めます-それはとても勇敢な行動で、ジェーニャがいかに素晴らしいアスリートであるか、本当のチャンピオンであるということをもう一度証明しています。
今でもまだ、2006年のトリノや他の大きな大会での、すべての僕たちの闘いを思い出します。
スポーツは現実の闘いですが、時として敵が自分より強いということがあり、それを認めることも必要です。僕がかつてそうしたように。


--もう1人のミーシンの生徒、アルトゥール・ガチンスキーがいます。
彼は第二のプルシェンコになることは-彼にとって良いことでしょうか、それとも悪いことでしょうか?

S:それはありそうにないと思います。アルトゥールは彼自身のカリスマを持っています。
一方で、プルシェンコとガチンスキーのスケーティングスタイルは全く異なっています。
それで、彼らを比べることは意味がありません。
信じてください、彼らは完全に異なっていて、僕たちはアルトゥールに彼自身になるチャンスを与えるべきです。
ガチンスキーは第二のプルシェンコではありません。
彼は彼自身なのです。


--あなたに関係することですが、26歳というのは-最終的にプロフェッショナルなスポーツに“ノー”と言うべき年齢でしょうか?

S:そうですね、それは僕のケースです(笑)。
僕の目標は2010年のバンクーバーオリンピックでした。残念ながら、そこではメダルを獲ることができず、4位に終わりました。
今、僕はさまざまなショーで演技しており、それは僕にとってとても楽しいことです。それで、僕は後悔していませんし、カムバックは考えていません-今生きている生活に満足しています。



Спорт-Экспресс
Стефан Ламбьель: "Гачинский -
не второй Плющенко. У него свое лицо"

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス