厭な感じ…

NHKの「金とく 輝け氷上の星」を見ています。

先日の「アスリートの魂」でもそうでしたが、
なぜ小塚君を「ジャンプが得意」という位置付けにしているのでしょうか?

アスリートの魂でも「得意のジャンプ」とか言っていたし、
今回も、バンク五輪で4回転を跳んだことをアピール。

それでいて伝家の宝刀と言っていいスピンには一言も触れていない。
バンクでは、スピンによる獲得点数はランビに次いで2位だったはず。

そしてシニアに上がったころから世界で注目されていたのは、そのスケーティングスキルの高さだった。
だから、地味だけど玄人好みなどと言われていた。
今季だって、このステップができる選手を探していたウィルソンに見いだされてのあのショートなわけで。

そういった良さに一言も触れず、
むしろずっと不安定なジャンプを無理やり小塚君の「得意」にするのはなぜなんでしょうか?

今、高橋君のブルースについて、八木沼さんが、
「ジャンプがなくてもずっと見ていたい」
と言いました。


やはり、

ジャンプVS表現力

という、幻想に過ぎない二元論にまた持っていきたいのだろうか。
しかもNHKが。

少しうがちすぎの見方だろうか。
でも何だか厭な感じ。

予想以上に本田君がたくさん出てるのは嬉しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス