世選男子フリー概観

 画像ガチンスキーはプルシェンコのようにデビューした


フィギュアスケートの世界選手権でロシアのアルトゥール・ガチンスキーが銅メダリストとなった。
第1位には技術のあるカナダのパトリック・チャン、銀メダルは若い日本人タカヒコ・コヅカが勝ち取った。

ショートプログラムの後、メダル候補者の輪は最終グループに限られていた。
一般の人気のあるフランスのブライアン・ジュベールとチェコのトマシュ・ベルネルのメダルの可能性は、失敗のない演技とライバルたちのエラーにかかっていた。
しかし彼らのプログラムは理想からは遠かった。
若いチェコのフィギュアスケーター、ミハル・ブレジナはセンセーショナルに4位となり、去年より表彰台に近づいた。
2度の転倒にもかかわらず、もっとも困難なプログラムの代償として、ブレジナの名はプロトコルに長い間翻った。

競技者たちの中の最も強い本命グループの第1滑走として--カナダのパトリック・チャンが演技をした。
ショートプログラムの後、ライバルたちに10ポイント以上差をつけて切り離されており、
フリープログラムでは2回の4回転トウループを入れると宣言していた
(そのうちの一つは3回転とのコンビネーション)。

このようなジャンプのセットのエレメンツは、人気者〔本命〕たちは誰も自慢できなかった。
4+3のコンビネーションを、ブライアン・ベール、またジャンプのエキスパート、ベルギーのケヴィン・バン。デル・ペレンと、カナダのケヴィン・レイノルズ(先だって4+3+2コンビネーションを宣言した)は跳ぼうとした。
しかし、3人全員、チャンに手袋を投げつけることいはできなかった。

ショートプログラムの後、ジャーナリストたちが興味があったのは、パトリック・チャンがそのようなリスクを冒すかどうか(すでにファンの間では、“Yes, we can”の代わりに“Yes, we Chan”というモットーが作られていた)、
ライバルたちに多大なアドバンテージを持っていながら。
このカナダ人は重大な意向を確証し、このようなエレメンツのセットを彼は国内選手権と四大陸選手権で演じ、そしてそれを変えるつもりはないと説明した。 

パトリックは宣言したすべてのエレメンツを輝かしく実行し、そしてトータル280.98ポイントを記録したとき、チャンピオンのタイトルは片が付いた。
トータルスコア--それは彼に勝つためにライバルたちが打ち出すことを要求されるものだが(このポイントは演技者たちの前にもまた、スコアボードに表示された)--は途方もないものとなった。
--約200ポイント(チャンのスコアは187.96)〔がライバルには要求される〕。


残る興味は銀と銅を巡る戦いだけだった。
ショートプログラムの後、一度は5人のフィギュアスケーターがチャンと、日本のノブナリ・オダを5ポイントの範囲で追撃していた。
オダ自身はチャンの後に演技し、最初のエレメントで4回転の代わりのコンビネーションを跳び、それから全く同じものをやった。
(この場合、そのエレメントは単純にカウントされない)
プログラムを裁断し〔?〕、多くの汚点を許した。
結果的に--フリープログラムで9位となり、昔のサムライファミリーの子孫はメダルの野望を失った。

世界選手権代表アルトゥール・ガチンスキーは良い滑りと、現代の戦士の※※特性を見せた。
それぞれのフィギュアスケーターが“広げる”ことができるわけでも、ランディングを全く成功できるわけでもない。〔?〕
そしてアルトゥールは最初のジャンプが理想的にできなかったコンビネーションを回避した。
「僕はリンクに出て行くとき、全く落ち着いています。すべてのナーバスさは去ってしまいます。
僕は仕事をする準備ができていて、それを完全に遂行することはできませんでした」
アルトゥールは演技の後そう語った。
銅メダル、そして銀メダルさえすでに彼のポケットには可能に見えた。

すべては、昨年の世界チャンピオンであり、バンクーバーオリンピックの銅メダリスト、ダイスケ・タカハシの演技にかかっていた。
彼の運命には無慈悲なものが現れた。

Already during performance of the first jump the Japanese had problems with a boot.
最初のジャンプの時にすでに、この日本人は靴に問題を抱えていた。
ジャッジの許可を得て、大輔はテクニカルブレイクを取り、ブレードは固定された。
しかし4回転ジャンプは失い、そして1回転倒し、タカハシはメダル候補者のグループから除かれた。

日本のための奇跡は、シニア競技2年目〔これは間違いです〕の若いタカヒコ・コヅカが起こした。
フリープログラムは失敗がなく、すべてのエレメンツはできばえ点で加点の付く評価をされた。
そして彼はガチンスキーを飛び越え、銀メダルを獲得した。
「確かに、世界選手権での特別な、固有の雰囲気を心配しました」
2011世界選手権の銀メダリストはそう認めた。
「日本では、災害があり、人々は今もまだその出来事に苦しんでいます。
それで僕は母国に良いニュースを持ち帰りたかったんです。
僕はこの銀メダルがそのようなニュースになればいいと思います」。

最後に現ヨーロッパチャンピオン、フローラン・アモディオが演技をした。
そのエンターテイメントなプログラムはニコライ・モロゾフによって用意され、最も高度なメダルの保持者たちと競うことはできなかったが、
しかし、彼は選手権のスタンディングオベーションをもぎ取り、Khodynkaの観客とコーチを喜ばせた。


世界選手権でアレクセイ・ミーシンの生徒のデビューが、まさにエフゲニー・プルシェンコのようにデビューしたのは興味深いことだ。
1998年ミネアポリスにおいて、それはやはり銅メダルで始まったのだ。



http://www.gazeta.ru/sport/2011/04/a_3598221.shtml



またタイトルの罠に…。

小塚君をヤング・ジャパニーズと言ってるのが可笑しかった(笑)
表彰台の3人の中では一番年上なんですがね(笑)。
日本代表の3人の中では一番若いですけども。

織田君はサムライの子孫。
バンクでもそう紹介されてたし、結構海外でも知られてるんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)