時代がジェーニャに追い付いた?

ガチンスキー対プルシェンコ 誰が強い?(ビデオ)

フィギュアスケートの最初の世界チャンピオン、セルゲイ・ボルコフの妻、ロシアのシンクロスケートの創始者リュドミラ・ボルコワが、我が国のシングルスケーター、アルトゥール・ガチンスキーとエフゲニー・プルシェンコを比較した。


--セルゲイ・ボルコフが最初の世界チャンピオンになった。
それからヤグディンがリーダーとなり、プルシェンコが続いた。
そして今、ガチンスキーに割り当てられた。
これらのアスリートたちは比較できるだろうか?

L:私は比較しません。それぞれがそのステージでとても優秀でした。
セリョージャ・ボルコフ--私の世代です。プルシェンコはあり得ないぐらいでした。
そしてアルトゥールは--新人であり、若く、前途のあるアスリートです。
セルゲイ・ボルコフ以来、フィギュアスケートは--ジャンプエレメンツ、スピン、ステップ、ステップの中の回転するエレメンツはとても複雑になりました。


--ガチンスキーは我々の新しい希望でしょうか? それとも銅メダルはまぐれでしょうか。

L:いいえ、銅メダルはまぐれではありません。
アルトゥールはずっとこの成功を目指してきました。
私たちは彼が先導的な役割に向かってくれて幸いです。
この少年は精神的に勝利への準備ができています。



--プルシェンコとガチンスキーは一人のコーチのところでトレーニングしています。
ソチオリンピック前に状況が悪化するかどうか。

L:けれども、エフゲニーは今や再びアマチュアスポーツに戻ってくるために、とても調整されています。
プルシェンコはトレーニングし、勝利するつもりです。
しかし私はガチンスキーとプルシェンコは--良いスパーリングパートナーだと言いたいのです。
ガチンスキーはプルシェンコに多くのことを学びました。
彼らの間に対抗心があるかどうか?
もしそうなら、それは単純に立派なことです。
それは私たちに新しい結果、新しい勝利をもたらすでしょう。



--プルシェンコのアマチュアスポーツへの復帰は好都合になるだろうと?

L:多分、エフゲニーは少し時間を追い越していたのです。
彼は4回転ジャンプを始めるのが早すぎました。
3回転ジャンプのライサチェクはオリンピックチャンピオンになり、4回転を持ったジェーニャは2位になりました。
けれど潜在的に、ジェーニャはソチオリンピックに出るのにとても適切で、とても良いと、私は思います。



--そして同じ4回転ジャンプをもって3位になるかもしれない…。

L:私は愛国者万歳とは言いたくありません。しかし、バンクーバーでジェーニャは2度目のオリンピックチャンピオンになることを許されるには、粗雑な部分がありました。






早速始まってますねえ。
記事の導入部では「比較した」とあるのに、このリュドミラさん、いきなり「比較はしません」とおっしゃってるのが笑える(笑)。
ほんっとにマスコミってものは。

スパーリングパートナーとはいいことをおっしゃる。
そうやってこの2人でソチの表彰台目指したらいいよ!


ところで、記事の見だしに「ビデオ」って書いてあるんだけど、どこで見られるのかわかりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)