大きなお世話という気が…。

プルシェンコはガチンスキーの行く手を阻むだろう

オレグ・ワシリエフ 2011ユーロの結果について

“ Gazety.Ru”紙は、高名なUSSRのスポーツの達人であり、ロシアのコーチでもあるオレグ・バシリエフにヨーロッパ選手権の結果について語ってもらった。

彼の意見によれば、エフゲニー・プルシェンコが戻ってきたら、同じアレクセイ・ミーシンにコーチしてもらっているアルトゥール・ガチンスキーとの間に問題が起こりうるということだ。

確かに、選手権の後、ドラムが打ち鳴らされている。選手権でロシアチームはただ二つの銀メダルと一つの銅メダルを獲った。それはあまり意味はない。
そのようなヨーロッパ選手権の演技の情けない結果は近年では2007年のみである。
そのときはトリノの後で、我らがオリンピックチャンピオンたちとイリナ・スルツカヤが去った後だった。
同時に、そのリーダーたちの後続は誰もいないということが明らかになった。


(略)


そしてさらに、いずれにせよ、同様の状況〔演技〕の規定〔慣例〕について話すことは必要だ。
それが生じたのは初めてではない。
フィギュアスケーターとコーチの名前はわたしは言わないが、彼ら自身は問題について完全に知っている。
残念ながら、もちろん、コンスタンティン・メンショフは、フリープログラムでは素晴らしい演技をしたが、世界選手権に行けるチャンスはとても小さい。
東京〔世界選手権〕には、男子競技ではロシアからはただ1人しか〔行ける〕見込みがない。そして2011ユーロ選手権の演技の結果、それはアルトゥール・ガチンスキーに用意されている。

わたしはガチンスキーがナショナルチームのリーダーにすでになったというアレクセイ・ミーシンの声明には賛成できない。

彼はショートプログラムでは大変良かったが、フリーでは良くなかった。
これはアスリートとそのコーチの両方にとって大きなプラスである。〔?〕
ガチンスキーがやったことは単純に、彼の競争相手たちの行うことからはまだ非常に遠い。
とりわけ、世界選手権では--アメリカ人、カナダ人、日本人と面と向かわなければならない。

もし、エフゲニー・プルシェンコのアマチュア競技への復帰が成し遂げられれば、FFKKRの委員とコーチ、アレクセイ・ミーシンにとっては、解決すべき困難な問題が起こるだろう。
ちょうど最近彼はその件について発言した。
プルシェンコはガチンスキーの道を阻み、2011年ユーロにおいて十分納得のいくデビューをしたフィギュアスケーターであると示すことを、決して認めないだろう。
コーチは単純に2人のフィギュアスケーターに注意を払うことはできない。言うまでもなく、ミーシンのグループではソチオリンピックの我々の希望、エリザベータ・トゥクタミシェワが練習している。

それでこのコーチと、連盟のトップたちがこの問題を抱えていることに、人々は興味をもっている。
彼らはガチンスキーのことを忘れ、トリノオリンピックのチャンピオンをソチの我々の最高の希望と読んで腰をかがめることができる。
わたしは、この問題において、スポーツ省の代表者が仲裁を行うべき〔という考え〕を締め出しはしない。そしてその決定はとても注意深く扱われるべきだ。

(略)


Boris Hodorovskyによる。


http://www.gazeta.ru/sport/2011/01/a_3509258.shtml

画像



いろいろ不快感を催させるコメントだなと思いました。
この方もコーチ業やってるわけですよね?
よそのおうちの家庭事情に口出すのは失礼だと思います。
心から親切心でミーシンや選手たちの心配をしてるとは思えないんですよね。
ユーロの結果について、
не стоить=not worth
と言っているからです。
自分でそう言っておきながら、ガチンスキーをジェーニャが認めないという段になったら、
十分なデビューをした?
メダルすら獲ってないのだから、ワシリエフから見ても無価値なはずじゃないんですか?
それだったらジェーニャは、アルトゥールはよくやったと言っていましたよ。
ガッちゃんよりメンショフのほうを余計に褒めてたのは、フリーでの2回クワドを成功させたのだから
彼の価値観からしたら当然じゃないですか。

ヤグディンとガッちゃんは違います。
ジェーニャとの関係性も、その経緯も、性格も。
共通するところはありません。

来季同じシニアの舞台に立つことになって
ミーシンの関心が自分よりジェーニャに多く向いてしまうことをアルトゥールが心配なら、
自力でコーチの目を自分に向けさせればいいことです。
競技の世界なのですから。

ミーシンの時間と体力の心配は私もあります。
でもワシリエフは、ミーシンの心配は全くしてないですよね。
自分もコーチなら、ミーシンがどうやったら3人の有望な選手たちを見ていけるか、
どんな実際的助けが必要か、コーチの立場にある者としてアイディアを出したらいい
だけどお役人にお任せしてそれを尊重すべきだと。
要するにこの方は、いまだにソチの希望がプルシェンコ1人であることが不満なだけのように見えます。
でも、世代交代は選手が実力でもぎ取るしかないんです。本来は。

先日紹介した記事では、ガチンスキーもメンショフもまだ不安定だと書かれていました。
実際そのとおりになりました。
ユーロでは、2人とも、ショートとフリーをそろえてくることができませんでした。
昨年金を獲ったジェーニャには全く及ばないのです。
ロシアとしては残念な現状です。
けれどそれはジェーニャのせいではありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)