「比較されることに傷つきはしない」-ガチンスキー

「第二のプルシェンコというニックネームを、僕は穏やかに受け入れている」

26.12.2010  14:10

ロシアのジュニアのフィギュアスケートチャンピオン、アルトゥール・ガチンスキー--エフゲニー・プルシェンコと共に練習し、その理想を超えたいと思っている。2種類目の4回転ジャンプを準備し、ロシア選手権でなんとかそれをやろうとしている。

12月26日、サランスクでロシアのフィギュアスケート選手権が始まる。その結果によって、新しいオリンピックサイクルのヨーロッパ選手権と世界選手権の代表チームが構成される。
最も弱い種目は男子シングルだと予想されている。
エフゲニー・プルシェンコの不在によって、明確なリーダーが存在しない。

ロシア選手権のタイトルは、3人のスケーターが有力だろう。セルゲイ・ヴォロノフ、アルチョム・ボロドゥリン、そしてアルトゥール・ガチンスキー。
ヴォロノフはすでに2度、国内選手権の一番高い表彰台に上り、ボロドゥリンは競技会で2度、メダルを獲得している。
ガチンスキーはシニアで初めてのシーズンとなっているが、ライバルたちに勝つチャンスはなかった。

何といっても、この17歳のスケーターは長い間第二のプルシェンコと呼ばれてきた。
それについて、オリンピックチャンピオンと比較されることについての考えや、今シーズンの目標について、ガチンスキーが“GZT.RU.”紙に語った。

--今シーズン、あなたは四つのシニアの競技会に出て、そのうち二つで勝ちました。
あなたのジュニアからの移行はほとんど気付かれずに過ぎたと言って良いでしょうか?
それともやはり何か問題がありましたか?


A:特別な違いは感じませんでした。
僕にとって競争相手がさらに技術があり、強くなったというだけです。
ほかにさらに問題に直面したということはありません。
僕たちは昨シーズンの後すぐに、シニアで演技することを決めました。僕は精神的にその準備ができていたからです。
夏の初めにプログラムを作り、練習を始めました。
確かに、ジュニアとシニアのプログラムは異なります。
僕たちは単純なプログラムにはせず、幾つかのイメージの中で、幾つかの考えが置かれるようにしようとしました。



写真:氷上のアルトゥール・ガチンスキー。
写真提供:アルトゥール・ガチンスキーのオフィシャルサイト


--結果として、今シーズン演じるプログラムは気に入っていますか?

A:僕はこのプログラムがとても気に入っています。ここ2年間のように平凡ではないからです。
僕たちはとても難しい曲を選びました。感情的であることが必要です。
今まではそのような感情を込めて演技していませんでした。
そうですね、それに僕が成熟することに加えて、感情面の計画も含まれます。
アレクセイ・ニコラエヴィッチと振り付け師のGeorge Kovtunと共に、僕たちはショートプログラムにピンクフロイドの一群の音楽を使うことに決めました。
そしてフリープログラムにはドミトリー・ショスタコービッチの音楽、僕が演じるこれらのプログラムとしてそれぞれ集めました。


--あなたは幼いころからフィギュアスケーターとして有名になり、第二のプルシェンコと呼ばれました。
それについてはいかがですか?


A:一般の人は何か真面目にというより、ニックネームみたいなものと考えていると思います。
僕は僕という人物に対する興味に注意を払わないようにしました。



写真:バンクーバーオリンピックでのエフゲニー・プルシェンコの演技


--プルシェンコ--あなたの理想ですね。あなたは彼のようになろうとしているのですか?

A:僕たちが一緒に練習していたとき、僕はしょっちゅう彼を見ました。そして彼がエレメンツを、とりわけジャンプを遂行する方法を繰り返そうとしました。
僕は学んだんです。
それに僕が彼と比較されるということは、僕を傷つけたりはしません。
僕は彼の成功を繰り返すことに抵抗はないし、それを上回りたいとさえ思っています。

--あなたの宿命のようなものですね。
あなたはまた、幼いころにミーシンの下で練習するためにサンクト・ペテルブルクに移ってきました。
有名なコーチのところに来たことについて、後悔しなかったかどうか、教えてください。


A:最初に僕はモスクワで練習していました。でもたった8歳のときまでです。
それからアレクセイ・ニコラエヴィッチに呼ばれて、僕に目をとめて、サンクト・ペテルブルクのそのグループに招待してくれたんです。
僕はママと一緒に引っ越して、父はモスクワに残りました。
この移動について、僕は全く後悔していません。
第一に、僕はまだ小さいときに引っ越しています。第二に、僕はペテルがモスクワより好きなんです。



写真:若いアルトゥール・ガチンスキー、アレクセイ・ミーシンと共に


--ミーシンはジャンプの跳ばせることで有名です。何か効果的な、幾つか特別なテクニックがあるのでしょうか? あなたは簡単にジャンプを習得しましたか?

A:わかりません。多分、特別な、多分、全くシンプルにそうなりました。
それで、技術、進歩的な。〔?〕
かつては、僕たちは思いきってジャンプしていませんでした。
まずそこでは一つのエレメントの準備をします。それから跳ね回ること〔ジャンプ?〕、それからコーチの指導に進み、難しいエレメンツを行います。
僕は長い間ジャンプの練習をふだんしていませんでした。
それに適応することは僕にとって簡単だろうと言うことができます〔?〕

--現在、あなたの武器として4回転トウループがあります。さらに何か4回転を学んでいますか?

A:はい。4回転トウループはすでに武器として持っています。
プラス、4回転サルコウを練習しています。
良いジャンプはすでにありました。それで、二つめの4回転を早くプログラムに加えられたらと思っています。


--今、フィギュアスケーターは4回転ジャンプを跳ぶだけでなく、ステップ〔?〕やスピン、音楽との調和に少なからず注意を払わなければなりませんね。
すべてを練習する時間があるのですか?


A:時間はあります。
僕たちは練習でまずジャンプをやります。それからプログラムを演じます。
そして最後に、それぞれのステップ、それぞれのスピンに十分な時間を取って練習し直します。
以前は、もちろん、それはもっと簡単でした。
今はスピンは猛烈に難しくなり、全く同じバリエーションを繰り返すことはできなくなりました。いつでも何か新しいものを探し、できる限りの努力を傾ける必要があります。
僕はいつもステップの実行しています。僕にとってそれらは全く容易なことで、飽きるということはありません。ですからフィギュアスケートにおいて、僕にとってはジャンプが最も難しいことです。


写真:生徒たちの演技を見守るアレクセイ・ミーシン


--シニア最初のシーズンで、小さいものと大きなものではどんな問題がありましたか?

A:主な課題は--シニアのロシア選手権で最高の拍手と共に自分自身を見せ、ヨーロッパと世界選手権に選ばれることです。
世界選手権にはこの国から2人しか出場できません。そしてヨーロッパには--3人。
ナショナルチームとしての競技は、今はそれほど強くありません。それで僕はこの問題をなんとかできたらと願っています。


--スケート靴に関する問題があったようですね。靴が合わなかったという。もうすべて通常の状態になりましたか?

A:問題はありました。
グランプリシリーズロシア杯の前に、足がひどく麻痺してしまいました。強い痛みを感じ、滑ることは困難でした。
今はもうそのような問題はありません。
中敷きを変えて、もっと心地よいものにしました。それですべて正常な状態になりました。
足は良好に保たれています。


写真:スタートに着くアルトゥール・ガチンスキー


--あなたは今年国際的な試合に多く出ました。手ごたえはありましたか?

A:もっと演技すること--それは良いことです。なぜなら、僕自身の名前を評価してもらう必要があるからです。ジャッジと観客に自分を見せて、拍手をもって評価されることが必要です。
でも、ストップすることを知ることも必要です、もちろん。
アスリートはすべての試合に連続的に出るべきではありません。元気を取り戻すために休止することも必要です。

--グランプリシリーズでは、大変に成功したとは言えませんでしたね。
二つの試合で勝った後、回復の時間がなかったのでしょうか?

A:グランプリシリーズロシア杯では、実際僕は完全に成功した演技ができませんでした。
だけどカナダでは、僕としては自信を持って滑ることができました。
単純に、そううまくはいかなかっただけです。
そしてモスクワでは、少し疲れていたかもしれません、そうなってしまったんです。すべてのことが起こり得るんです。


写真:演技中のアルトゥール・ガチンスキー


--ロシア選手権では、演技することは大変そうですか? 同じように選別が始まり、責任は重くなります…。

A:僕にとっては困難ではありません。
他の人と同じスタートで、もちろん、ロシアチャンピオンになれたらいいなと思いますし、僕はそれを熱望しています。
でも、まず第一に僕は自分自身に勝たなければなりません。そうしたらもう、ロシアチャンピオンになれるでしょう。
僕の主な競争相手は--僕自身です。
最も難しいことは、自分自身を超えることであり、僕はできる限りのことをします。

--あなたができることすべてを見せるということを、何か妨げるものがありますか?

A:いいえ、何も妨げるものはありません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)